私たちは留学先での性被害当事者の思いを何よりも大切に考え、今まで表面化されてこなかった真実の数々を集めています。
勇気ある告白による体験談は、こちらからお読みいただけます。

私たちの目指す社会

日本では留学に行く学生が年々増加していますが、留学中に性被害に遭った学生たちの存在が明らかになってきています。

私たちが2020年5月〜7月に実施したアンケートでは、516件の回答のうち216件もの留学先での性被害が報告されました。

実際に留学先で被害に遭った私たちが知っておきたかったことを、これから留学に行く学生に伝えることで、全ての学生が留学を思う存分全うできる社会を目指します。

私たちの活動
実態調査

-KNOW-

まずは知ることを大事にしています。アンケート調査等によって、深く知られていない留学先での性暴力の実態を暴きます。また、被害当事者の体験談を集めることで、よりリアルな実態調査に努めます。

イベント開催

-CONNECT-

全国の学生と教員向けに、留学先での性暴力の認知を高め、その予防と対策を伝えるイベントを開催しています。また、イベントを通して、学生がいざとなったら頼れるつながりを増やすことも目指しています。

情報発信

-SPREAD-

PDFマニュアルやWebサイトの作成を通して、留学前の学生や留学に送り出す教員向けに、情報発信を行なっています。当事者によるアドバイスや専門家の知識を1人でも多くの人に共有します。

SAYNO!作成の『留学生のための性暴力対策マニュアル』はこちらからダウンロードできます。教育機関や留学団体等でご自由に印刷・配布してご活用いただけます。English version is available. Click the red button below.

メディア掲載
わたしたちの活動が朝日新聞に掲載されました

「頼れる人が少ない・情報弱者という弱みに付け込まれる」という留学先ならではの性暴力の現状を分かりやすく記事にしていただきました。

サイト内記事はこちら→「朝日新聞朝刊で活動を紹介していただきました」

※画像は朝日新聞社に無断で転載することを禁ずる 承諾番号20-4422 2020年8月10日朝日新聞掲載

朝日新聞DIALOGに留学先での性被害当事者へのインタビュー動画を作成いただきました

朝日新聞ダイアログが、SAYNO!のマニュアルをもとに、独自の動画を作成してくださいました。性被害当事者の貴重な声が紹介されています。

朝日新聞ダイアログ「SayNO!留学先にセクハラ・性被害リスク 被害の大学生が防止マニュアル(2020年8月9日)」

参議院の文教委で留学先での性暴力の問題が取り上げられました

2021年3月22日の参議院文教委員会で、留学生が現地の日本人から性暴力を受ける事案が相次いでいることが取り上げられました。大臣の発言や質疑の内容が教育新聞(2021年3月22日)で詳しく紹介されています。

「トビタテ!留学」で性被害報告 文科省が実態調査へ

審議の様子は、参議院公式ページよりノーカットでご覧いただけます。リンクにとんだ後、左上のカレンダーで日付を3月22日に設定し、文教科学委員会のボタンを選んでください。0:35:22〜と2:03:04〜が、留学先での性暴力に関する質疑です。

イベントや最新情報
後援団体
PAGE TOP
MENU